S!メール

第2回 デコレメールの仕様について

どんなにすばらしいテクノロジーであっても、万能ということはありません。
たとえば、最新の携帯電話でも、電波のとどかない山の中では使用できませんし、
ブルーレイディスクでも24時間テレビをまるごと高画質で1枚に録画するのは無理です。

同様に、デコレメールにも幾つかの制限、制約があります。
今回は、使用可能なデータの種類、対応端末、サイト上での配信方法など、基本的な情報について解説します。
デコレメールで表現力アップ
「学ぶより慣れろ」の精神で、デコレメールを作成して配信するまでの流れを実際に体験してもらいたいと思います。
ノウハウや注意点を交えながら説明していきますのでデコレメールの仕様について概要を把握してください。

既に触れたように、デコレメールの作成方法には、利用者が携帯電話の機能を利用してマニュアル的に作成する方法と、あらかじめ用意されたテンプレートを使用する方法の2つがあります。

ここでは、デコレメールの雛形となるテンプレートを用意し、それを使用してデコレメールを送るまでを説明したいと思います。

まず、下図のような色のついた文字を表示するだけの簡単なテンプレートを用意します。
もちろん、テンプレートには画像や音声データも含めることができます。

しかし、これらのデータを含める場合にはエンコードが必要になりますので、ここでは、タグの記述だけで済む内容にとどめます。
メモ帳など、テキストエディタを開き、下図の内容をそのまま貼り付けて保存してください。
拡張子は「hmt」とします。htmと紛らわしいので、間違えないようにしてください。

HTMLMail-Template-Version: 1.0
HTMLMail-Template-Title: Hello World

MIME-Version: 1.0
Content-Type: multipart/related; boundary="==docoramejk15a14=="

--==docoramejk15a14==
Content-Type: text/html; charset="Shift_JIS"
Content-Transfer-Encoding: 8bit

< !--Edited by DMT 1.1(DevelopVer1.1.20080924)-- >
< HTML >
< HEAD >
< META http-equiv="Content-Type" content="text/html; charset=Shift_JIS" >
< /HEAD >
< BODY >
< font color="#ff0000" >
Hello World!
< /font >
< /BODY >
< /HTML >

--==docoramejk15a14==--
試しに感謝メールを送ってみよう!
作成したテンプレートをPC内に置いておいてもしょうがないので、携帯電話に転送します。
携帯電話に転送するために、テンプレートのファイルをWebサーバーにアップロードします。
アップロードしたファイルは、URLを指定して携帯からダウンロードすることができます。
URLの直接指定ではなく、ダウンロードページを作ってそこからダウンロードしたい場合は、下記のようなタグでダウンロード用のリンクを作ります。


< html >
< head >
< title >ダウンロード用ページ< /title >
< /head >
< body >
< a href="./hello_world.hmt" > Hello world ダウンロード< /a >
< /body >
< /html >

なお、サーバーには、拡張子が「.hmt」、MIME型が「application/x-htmlmail-template」という設定が行われている必要があります。
また、デコレメールのテンプレートは、著作物を保護する設定で配信してはならないことに注意してください。たとえば、「端末内の不揮発性メモリへの保存」「メールに添付しての送信」「端末の外部メモリへの転送」は全て「可」に設定されている必要があります。テンプレートを使用して、友達や家族にメールを送るのが目的なので、これらの制約は当然といえば当然ですが...。

ダウンロードして携帯に保存したテンプレートを使用して実際にメールを送ってみましょう。メールのメニューからテンプレートを呼び出すと、テンプレートの一覧が表示されますが、その中にダウンロードしたファイルが表示されているはずです。機種によって、メニューの項目名やテンプレートの表示名が異なります。たとえば、メニューの項目名は、820Pでは「テンプレート」、930Pでは「デコレメールテンプレート」と表示されます。また、表示名は、820Pでは「Hello World.hmt」、930Pでは「Hello World」などと表示されます。

これを開いて、本文を書き換えて、メールを友達に送信してみましょう。本文は自分で考えて入力してください。これを機会に、普段お世話になっている人に感謝のメールを送ってみてはどうでしょうか。余力のある人は、絵文字なども添えると、相手が感激してくれること間違いなしです。(相手が異性の場合は勘違いされないように注意してください。) デコレメールが送受信できるのは、3G ケータイ以降の機種です。なお、3G ケータイ以降の機種でも、送信はできず受信しかできない機種もあるので注意してください。
デコレメールを対応していない機種に送った場合、テキストのみが表示されます。また、SoftBankの携帯からSoftBank以外の携帯にデコレメールを送る場合でも、相手の携帯がHTML対応機種であれば、違和感が無く表示できることがほとんどです。これは、SoftBankの携帯用のデコレメールが、デコメール(NTT docomo)やデコレーションメール(au)と互換性があるためです。ただし、一部SoftBank独自の部分がありますので、場合によって、表示が崩れたり、サウンドが再現されなかったりすることがあります。

※「デコメール」「デコメ」は、株式会社エヌ・ティ・ティ・ドコモの登録商標です。
※「デコレーションメール」はKDDI株式会社の商標または登録商標です。
参考ページ
もっと色々したい人は...
デコレメールテンプレートでは、文字に関することだけでも、色やサイズの設定、点滅、テロップ、スイングなどが使用できます。
また、背景色を設定したり、絵文字を使用したりすることもできます。絵文字は動く絵文字を含めて471種類あります。
さらに、デコレメールテンプレートは、以下の種類のデータを扱うことができます。

これらのデータはエンコードした形でhmtファイルに埋め込む必要がありますが、次回で紹介するオーサリングツールを使用すると、簡単に挿入することができます。

【色々なデータを使ってみよう!】
JPEG 静止画
GIF 静止画
Animated GIF アニメーション
Flash アニメーション
SMAF サウンド
SMF サウンド

記事執筆:勝田哲司(有限会社ミューテック 代表取締役)

マルチメディア系アプリケーションの開発を得意とする。
パソコン関連技術書の著作をはじめ、DTMマガジン(寺島情報企画)など、
音楽、アート関連の書籍への寄稿も多数。
平成12年にミューテックを設立、音楽編集ソフト、携帯動画変換サイト、
FLASH自動生成システムなどの開発、販売を行っている。